シロアリ駆除の基礎知識

シロアリ駆除の情報が満載!



床下換気扇はシロアリ駆除に効果的?

床下換気扇はシロアリ駆除に効果的? シロアリ駆除を本格的に行う場合、床下換気扇の設置が好ましいという情報がありますが、その効果はどの程度のものなのでしょうか。
シロアリの生息しやすい環境は高温多湿の場所で、特に湿気で床下の木材が湿っていて腐敗しそうな状態を好み、そういった環境が揃っていれば木材をエサに驚異的な繁殖力を誇ります。
もっとも巣を作るケースでは床下に作られることが一番多いので、床下換気扇を設置してそれによって換気を行えば、湿気が抑えられると思われがちです。
しかも高温状態を押さえることができるため、床下の温度を下げることもできてシロアリ対策に優れているという考えもおきます。
しかし実際には家屋の床下の構造がどうかと換気扇の能力がどの程度なのかがカギを握ります。
床下でも風を遮る複雑な構造となっていれば、風が当たらない場所に巧妙にシロアリは巣を作り繁殖します。
また換気扇の能力がさほど強力ではない状態であれば、床下にこもっている湿気を総て逃がすことができず、逆にシロアリが生息しやすい環境になることは言うまでもありません。
従って床下換気扇のシロアリ駆除の効果については、過信は禁物で、それのみでのシロアリ駆除の効果を期待しない方が良いということが可能です。

シロアリ駆除のための床下換気扇選び

シロアリ駆除のための床下換気扇選び シロアリ駆除用の床下換気扇の選び方は、どの場所に何の理由で設置するかで決まってきます。
種類としては大きく分けると二つになり、それぞれで特徴が違うため目的に合ったものを用意することが大切です。
床下全体の換気をしたい場合には、給排気型の換気扇を利用するようにしましょう。
これは排気口に直接取り付けることで効果があり、外から空気を送り込んで中の湿った空気を押し出す仕組みになります。
床下の木部の含水率を下げてくれるので、シロアリ駆除に利用したりカビの発生を抑えることができます。
給排気型とは違い、撹拌型は局所的に使うものです。
排気口に取り付けるのではなく床下の奥まった場所に設置して、風の通りづらい場所の空気を撹拌してくれます。
そうすることで床下の空気が動きやすく、結露ができにくくなります。
シロアリは湿った場所が好きな虫であり、できるだけ乾燥させておく必要があります。
床下換気扇を利用することで空気の流れを良くして、湿気が多くなることを防ぐことが可能です。
選び方はそれぞれの目的に合わせることが重要ですが、これらを組み合わせて使用することでより効率的に使うことができます。
選び方に迷った際には療法設置することも、選択肢の一つです。

シロアリ駆除は駆除方法により適正な時期が異なります

シロアリ駆除に適した時期が気になる人も多いかもしれませんが、実はシロアリ駆除方法により時期が異なります。シロアリは冬眠することなく1年中活動するのが特徴であり、その中でも活発になるのが4月から9月とされています。
活動が活発な時に行うことで、より高い効果を発揮する方法もあれば、活動中であればいつでも効果が期待できるものもあります。年中できるものがバリア工法と言われるものであり、床下の木材の部分や地に薬剤を散布するものです。
季節は特に関係なく1年を通していつでもできるので、最も一般的な方法と言えるでしょう。もう一つがベイト工法と呼ばれるもので、こちらは4月から9月がお勧めです。
毒の餌でシロアリを誘い込んで、持ち帰り仲間と食べることにより巣ごと駆除する効果が期待できます。活動が活発な4から9月に行うのがオススメと言えるでしょう。
毒餌を巣に持ち帰り効果が出るまでには数カ月単位で時間がかかる、毒餌を補充する手間や費用も必要となるものの、子供やペットが誤飲するリスクも少なく安心です。

大切な家を守るシロアリ駆除は準備が必要です。

ウクライナやロシアの戦争により建築資材や、部品が高騰しています。日本では不動産価格も右肩上がりで、新しく住み替えを検討するより、今ある家を大切に暮らす世帯が増えつつある。
新しく戸建てを購入する場合は建設段階で、シロアリや蟻を寄せ付けない防御蟻工事をすると対策になります。シロアリが食べてしまうと、木材部分がスカスカになってしまいます。
シロアリ駆除をするための準備として、床下などを点検しますので通気口があるかを確認する必要がある。床下に入れない場合は、外壁などに穴を開ける工事になる可能性もあります。
シロアリに食べられている部分は木屑のようなカスが沢山散乱し、収納棚や飾り棚の裏の部分であれば家具の移動が必要になる可能性があるため、貴重品などご自分で管理してしていただくことをおすすめします。
実際にシロアリ駆除作業は薬剤を使用しますので、大切なものはあらかじめビニールなどで覆うなど対処が必要です。
ジメジメした梅雨明けに大量発生しますので、早めに業者へ無料見積もり相談することをおすすめします。

信頼できるシロアリ駆除業者は無料でアフター工事を実施

シロアリはいつのまにかおうちへ侵入し、柱や壁の中から中天井や床下に土台などを食い荒らし大切なおうちをぼろぼろしてしてしまいます。
そこで被害が大きくなる前に信頼できるシロアリ駆除業者に点検してもらいしっかりと調査することが大切で、調査ではまず間取確認や床を開けます。
次にシロアリ駆除業者の調査は完全防備で懐中電灯片手に床下潜入して状況を確認、湿気確認し木を叩いて空洞音がしないかしないかどうかを調べシロアリがいないか目視確認します。
それから工事に入るときは事前に施工内容をきちんと説明し、侵入口確保し生息しているシロアリを死滅させ床下木造に薬剤処理を行い土壌処理し工事完了後清掃整理を行います。
信頼できるシロアリ駆除業者は施工には絶対の自信をもっておりますが、万が一5年以内シロアリが発生した場合無料でアフター工事を実施しています。
さらに保証による点検を無料で毎年、チェックしているので定期的に調べることで異常をいち早く発見できます。

大切な家のシロアリ駆除は無料調査がおすすめ

ウクライナとロシアの戦争により、建築資材や、部品など価格が高騰しています。新築マンションも戸建ての家も、軒並み右肩上がりで販売価格も値上がりしています。
日本は数十年給料は上がらず、夢のマイホーム購入はとても勇気がいるります。せっかく購入したからには、綺麗なままを保ちたいものです。
しかし家は木材が使われている為、蟻やシロアリなどが数年から数十年かけて大切な家を出るむしばんでいきます。
シロアリに食べられてからでは、柱や床がボロボロになってしまい、最悪床が抜けてしまったり家が傾いてしまうなど被害が出ます。
そうなりまえに、建築段階で防蟻工場をするのがおすすめです。人体に害のない安全で特殊な薬剤を使用して、家をあらかじめ守ることができます。
被害が出てからでもシロアリ駆除は可能ですので、まずは無料調査で大体の概算を知り、納得した上での工事となります。シロアリ駆除は梅雨前後がピークを迎えますので、予約することが良い。

戸建てのシロアリ駆除は殺虫剤ではとりきれない

ロシアとウクライナの戦争により、住宅資材や部品の値段も高騰しています。人の暮らしにおいて切り離すことのできない衣食住。
とくに住環境は大切です。結婚を機に新築マンションや戸建てを購入する傾向にあります。日本はここ数十年収入が上がることなくきました。
物価が上がる中必死に生活しています。そんな中マイホームを購入すると決め、綺麗な状態で保ちたいものです。しかし残念ながら家を蟻やシロアリが蝕んでしまいます。
発見して殺そうとして殺虫剤をかけても、見える範囲だけが自滅するだけで根本的な解決にはなりません。シロアリ駆除専門の業者に、まずは無料見積もり依頼することをおすすめします。
床下にもぐったり、場合によっては壁や床に穴を開けて工事が必要な場合があります。シロアリ駆除はジメジメした梅雨前後に発生のピークを迎えます。混み合いますので予約が必要です。見積もり額に納得ができたら、工事日程を決めて施工作業となります。

お勧めのシロアリ駆除関連リンク

シロアリ駆除 東京

新着情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>シロアリ駆除は駆除方法により適正な時期が異なります
>大切な家を守るシロアリ駆除は準備が必要です。
>信頼できるシロアリ駆除業者は無料でアフター工事を実施
>大切な家のシロアリ駆除は無料調査がおすすめ
>戸建てのシロアリ駆除は殺虫剤ではとりきれない

◎2019/2/18

雨の日でも予定通り施工される
の情報を更新しました。

◎2018/12/21

駆除で使用する薬剤
の情報を更新しました。

◎2018/10/17

床下のシロアリ駆除の方法
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

シロアリ駆除のペットへの影響
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

ベイト工法のメリット
の情報を更新しました。

◎2018/3/16

サイト公開しました

「シロアリ 床下」
に関連するツイート
Twitter

返信先:まさに自分と同じです😅💦 教科書通りの施工じゃないと不安ですよね…ツイートを拝見して安心できました!ありがとうございます😊 業者さんからはこの施工方法で過去に1回も床下結露やカビなどのトラブルは起きてないと言われてますが、シロアリだけは怖いのでうちはターミダンシートを採用しました!

もう12月ですね!1年あっという間です。 気温もグッと下がってきましたが、 白蟻くん達はまだまだ元気に活動してます。 先日、外周部で蟻道を発見し崩してみたところ、 白蟻が出てきました😆 白蟻は知らぬ間に床下へと侵入し加害します。 何よりまずは床下点検をお勧めします!!

【案件情報】京都府南丹市 "築40年ほどの木造住宅にて和室の床下にヤマトシロアリの被害があった物件の対応事例です。"

シロアリはトンネル「蟻道」を作り他の虫などからの影響を排除して、家に入ってきます。そして、陽の当たる場所を嫌うため、床下や人の見えないところで活動します。

シロアリ被害/DIYで柱と床の応急措置/黒アリの行列が床下にいたらシロアリの幼虫やサナギを捕りに来たのかもしれない~